スーパーイントラレーシックを受ける事に決めました

2007年8月中旬

何で知ったのか忘れてしまいましたが(ネットニュースかネット掲示板か…)、視力回復レーザー手術「レーシック」の事を知りました。

Start01 会社の友人にその事を話してみたら、彼女の旦那様が2~3年前に手術を受けたことがわかりました。
プログラマー系の職業をなさっているそうですが、今でも視力は良好だそうです。
その話を聞いて、私もやってみたくなりました。

すぐに申し込みをするには勇気が要ったので、インターネットで様々な体験談を検索して読みふけりました。
一番心配なのが失明でしたが、失明した症例は無いという事が分かったので手術を受けることを決心しました。

インターネットで検索し、上のほうに出てきた病院のホームページを見てみました。
すると自宅からも通いやすく、患者さんも多そうなのでそこに決めました。
品川近視クリニック」です。

スーパーイントラレーシックは価格が高いのですが、安全性が高そうなので、一生ものだし、これを受けます。

早速術前検査の予約フォームから予約申し込みをしたところ、次の日、予約時に記入した電話番号に電話がきました。

電話対応の方はとても丁寧に対応してくださいました。電話対応からして丁寧だと安心してきますね。
検査日までの注意事項(ソフトコンタクトなら1週間は外してくること等)を説明され、手術日の仮予約までその電話で出来ました。

私は近々遅めの夏休みをとる予定だったので、その初日あたりに手術をすることにしました。
コンタクトに慣れているので、しばらく眼鏡生活になるのは少しだけ不便だと思いましたが、たった1週間。我慢できます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーイントラレーシックの術前検査 -その1-

品川近視クリニックのスーパーイントラレーシックの術前検査の日になりました。

ちゃんと検査前1週間、ソフトコンタクトではなく眼鏡着用にして、当日は目の周りのメイクをしませんでした。
むしろ、誰にも会わない予定なので、ノーメイクです。。。

JR有楽町の京橋口から出て目の前の東京交通会館の9Fが術前検査の「品川近視検査クリニック 銀座院」です。
9Fのフロアには他にも会社が入っているらしく、企業ビルの中に入り込んだような妙な感覚で戸惑いました。

検査クリニックは9Fの奥にありました。
私は平日の朝に行ったので、そんなに混んでませんでした。
白を基調にすごく綺麗なクリニックでした。
受付の人からにこやかです。好印象です。

Jizenkensin01 簡単な問診票と、支払い方法がローン(20回まで無利子!)の場合はここで申込用紙を記入します。
ロッカーに荷物を預け、待合室に座ります。

待合室には大きな液晶テレビがあり、そこでレーシック手術の説明VTRがずっと流れています。
女性誌等の雑誌もあり、時間をつぶすのにはそんなに困りません。
私はぼーっとしてました。
(病院なので、携帯は電源を切るので使えません)

<続く>

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーイントラレーシックの術前検査 -その2-

名前を呼ばれ、奥の検査室に通されました。
担当の方はまたこれもとてもにこやかに丁寧に接してくれます。

検査はこんな流れです↓
検査について 品川近視クリニック

Jizenkensin02
広い部屋に何台もの検査機が、机1列に対して4台ほど並んでいます。
(上記リンク先のリンクで、どんな機械が使われるのか分かります)
この1列が一人の検査に使われるようです。
端の1台から順に検査していきます。
私は瞳に空気をあてて眼圧を測るとかいうのが苦手でした(x_x)

次に視力検査です。
普通の視力検査です(「C」の形の開いている方向を言う)。
ですがとても綿密に調べるので、時間がかかります。

Jizenkensin022「上」「左」「下」「わかりません」「右」等、言葉を発し続けるので喉が渇きました。
でも飲み物はありません。。。
あ、私のきき目は左目だそうです。初めて知った(*ノェノ)

次は暗い部屋に通されました。
ここで担当が変わるそうです。次もにこやかな方でした。

この部屋も最初の部屋と同じく機械が4台ほど1列に並べられています。
最初と同じく、順々に検査していきます。
「○」が見え始めたらボタンを押すというのがゲームみたいで面白かったですw

機械を最後まで終えたら、眼科の先生が呼ばれ、検査結果を見てもらいます。
そして瞳孔の広がる目薬をしてもらいます。
これでこの暗い部屋での検査はおしまい。
さらに奥の明るい待合室に通されます。

そこではスタッフさんに術前の説明をされます。
術前/当日の注意、レーシック手術の説明、後遺症(数ヶ月でおさまる)、術直後の症状、日常生活での注意等が書かれた資料を見せられます。これは後でもらえるそうです。
そして、術後につける保護メガネと就寝時眼帯の説明をされます。

メガネは花粉メガネみたいなのですが、そんなにダサいものではないです。
同じデザインでクリア(透明)と、クリアブラック(黒っぽい色が付いてるけど透けてる)と、2種類から選べます。
このメガネと眼帯は手術当日にもらえるそうです。

<続く>

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーイントラレーシックの術前検査 -その3-

説明の間に瞳孔が広がる目薬が効いてきます。
待合ベンチの前に置かれた検査機でまた調べてもらいます。
が、私は目薬がうまく入っていなかったようで、もう一回目薬をさされて待ちます。
その場合15分待たされるのですが、焦点も合わなくなってきて本を読んでも気持ち悪いのでひたすらぼーっとしてました。

瞳孔開いた状態の屈折検査のあとは、またベンチに戻り、名前を呼ばれたら検査機の横に並んでいるカーテンで仕切られた狭い個室に移動です。
Jizenkensin03個室の中にはベッドがあるので、靴を脱いで仰向けに寝ます。
麻酔目薬を打たれるとすぐまぶたの方までしびれる感覚になります。麻酔目薬の効果は20分ほどだそうです。
そしてスティック状のものが瞳に近づけられます。瞳を押されているような感覚がありますが、全く痛くありません。むしろ何されているのかよく分かりませんw
目に何か近づいてくるのは分かりますが、天井の×印を見ているように言われるので、スティックには焦点が合わない上に感覚も無いので全然怖くないです。

その後また奥に進み、最後の診察です。
待合ベンチで待ち、名前を呼ばれたら並んだ個室の一つに通されます。
眼科の先生に、今までの検査結果を見てもらいます。
私は「検査は問題ないので、スーパーイントラレーシックを受けることが可能です。乱視もないし、瞳も厚いので手術しやすい目ですね」と言われました。
「今の裸眼視力は0.07ですね。術後は1.0は出るでしょう」とも。
1.0裸眼で見えたら嬉しすぎる。
ちなみに、検査結果では他の種類の手術にしなければならないことがあるそうです。
極度の近視だったりとか、角膜が薄すぎたりとか。
検査問題なくてよかった(*ノェノ)

何か聞いておくことは無いかと聞かれたので、術後に視力が戻ってしまうことはあるのかを聞いてみました。
「日本ではまだ歴史の浅い手術ではありますが、今のところ効果は永続的なものだといわれています。ただ、目を酷使し続けると当然視力は悪くなります。」

では、失明の危険はどうかと聞いてみました。
「失明の症例は当院ではまだ報告がありません」

うむ。ネットで色々見てたのである程度わかっていたのだけど、先生の口から言われてちょっと安心度UP。
ただ先生は何度も聞かれた質問のような感じでした。もちろん、丁寧な事には変わりませんが。先生みんなと同じ質問してごめんねヽ(・ω・*)ノ

で、検査は終了です。
あとは最後の受付なのでベンチで待ちます。
呼ばれて行くと、手術日の確認(電話では仮予約なのでここで確定)と、ローンの場合は10分ほど(日によるのかな?)時間のかかる審査をされます。
診察券と、さっき説明で使われた資料と、同意書を封筒に入れてもらって終了です。
ロッカーから荷物を取り、帰ります。

資料と同意書はA4版なのでそれが入るバッグがあると良いと思います。
半分に折っても良いそうなので、A5の入るバッグでもいいのかも。
言えばビニール袋はもらえるみたいです(言って貰ってる人がいました)。

検査は私は2.5時間かかりました。
帰りはお昼になったのでくだりのエレベータが昼食に向かう会社員で一杯で乗るのが大変でした。
さらに、瞳孔を開く目薬のせいで、外の日光が超まぶしかったです。涙出てきました。サングラス持ってくればよかったかも。

Jizenkensin032 家に帰るまで焦点が合わなくてちょっと辛かったですが、4時間ほどで効果がきれ、夕方にはなんともなくなっていました。

手術は約2週間後です。
楽しみと不安が半分半分。

<術前検査終わり>

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーイントラレーシック手術当日 -その1-

2007年9月17日

スーパーイントラレーシック手術日です。
目に何かされるってどんな感じ?麻酔切れたらどうしよう。術後の状態ってどうなるの?等、期待よりちょっと不安が勝ってきてます。

翌日の検診まで入浴禁止で髪や顔が洗えないため、朝風呂にしました。
お化粧はもちろん、化粧水や日焼け止め等も目の周りはつけられません。
洗顔料で顔を洗う人は乾燥しちゃうのかな。
あと、整髪料ばりばりの人は翌日まで洗えないから辛いかも?
私は水洗顔なのと、整髪料使わなくて良い髪型なのでそのまま外に出ました。

手術は術前検査とは違うビルですが、有楽町です。
今度は京橋口でも銀座口でもいんですけど、マリオンの向こう側の東芝ビルです。
横断歩道を渡ったら右に(右には地下鉄の出入り口がある)曲がってビルの角のエレベータから5Fにあがります。

ここも綺麗な受付でした。受付が大きいです。
ここでも大画面でレーシック手術説明のVTR流れてたり、雑誌が置いてあったりしました。
名前を呼ばれたら受付で支払い(ローンの場合は確認)と同意書を渡します。
そしてロッカーに荷物を預けたらまた待ちます。。。

Toujitu01 3人名前を呼ばれて行くと、小さな部屋に通され、術後の過ごし方と目薬の説明をされました。
術直後~翌日検診まで、外出時は保護メガネを使用することを説明され、めがねを2種類(クリア、クリアブラック)から選ばされました。
ビニール袋に入れてあるためかけてみて鏡を見て似合うほうが欲しい、なんて事はできませんでした。。。
クリアブラックはレンズ部分にも少し色がついてるとの事で、サングラスをかけなれていない私はクリアにしました。他の二人はクリアブラックを選んでいました。やっぱそっちのがおしゃれなのかな。。。

ところで目薬の説明なのですが、3種類の目薬を当日は寝るまで1時間ごとにつけるそうです。
しかも1種類ごとに3分以上は間隔をあけなければいけないそうです。ちょっとめんどい。
(翌日からは1時間ごとではなく、1日5回(例:起床時、朝、昼、夕方、就寝時)つければOKだそうです)
さらに、術後は4時間寝ちゃいけないそうです。最低4回はこの目薬をして欲しいとの事です。
でも、パソコンもテレビも読書もダメって、何するのか。。。
疲れない程度の部屋の片付けやレシピを凝視しなくて良い簡単なお菓子作りでもしようかと考えました。

痛み止めの目薬ももらいます。術後1~2時間が痛みやしみのピークなのですが、これを使うとすぐおさまるそうです。
あと飲み薬も2種類、錠剤と粉薬が出ます。毎食後に飲むそうです。
説明後はまた待合室に戻るので、今もらったものはまたロッカーにしまいます。

<つづく>

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーイントラレーシック手術当日 -その2-

しばらくするとまた呼ばれます。
術前検査です。
お医者さんのいる個室に呼ばれます。
でも緊張してたのでどんなことしたか忘れちゃった。。。( ̄▽ ̄;)!!ガーン
多分、アゴ乗せて額つけるので見てもらったと思う。

あ、何か聞きたいことがあるかと聞かれたので、友人に頼まれていたことを聞いてみました。
「近視で、さらに乱視の友人がいるが、レーシックで回復可能なのか」という疑問です。
「乱視はほとんどの人にあります。無い方が珍しいです。あなたは珍しいくらい乱視がありません。また、レーシックで乱視の矯正もできます。近視も乱視も同時に矯正できます。自分で乱視がひどいと言う人も、見てみるとそんなにひどくない事が多いです。」
との事。
ああよかった。友達にも報告しよう。
ところで珍しいくらい乱視が無いって言われてちょっと嬉しかったけど、有る意味異常なのかなあ?

検診が終わるとさらに待合室に戻されて、また呼ばれたら、手術です。
靴をスリッパに履き替え、一人がけソファが何台もあり、それぞれパーティションで区切られた部屋に通されます。
Toujitu02 そこで髪の長い場合はゴムで左耳の下で結び(自前の髪留めは取らなければいけないみたい)シャンプーハットみたいな紙帽子に髪を全部と耳まで入れるように言われます。
麻酔目薬を打たれ、ちょっと待ちます。
どきどきしますが、スタッフさんは皆さん笑顔で優しく接してくれるので、ちょっとは安心感を保てます。。。!

呼ばれて通された部屋は、手術台です。
先生1人と助手の2人(だったかな)が居ました。
先生ともども、みなさん優しい対応をしてくれます。ほっとします。

まずはフラップ作成です。
瞳の薄皮を端だけ切らずに他を丸く切ってめくってラーメンのフタ状態にするのです。
再び麻酔目薬を打たれます。

手術台に寝て、手術開始です。
目の周りをコットンで消毒されます。眉や頬の高いところ近くまでなでられるので、女性は眉のメイクも止めておいた方がいいかも。
眉が無いとどうしてもダメな人は、病院につくまでは眉書いておいて、病院で落とすのがいいのかな?

<つづく>

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーイントラレーシック手術当日 -その3-

最初は右目から。
開眼器を目の周りの皮膚に押し当てられます。
開眼器がどんなものか見えなかったのですが、感覚としては目玉より一回り大きいリング状の板を、目の周りの皮膚に目玉が飛び出るように思いっきりぐいっと押し込まれてるように感じます。これやたら痛ええええええええ。
でも痛いのは押されてる時だけで、手術中はそれどころじゃないのです。

Toujitu03 頭の上に機械を持ってこられると、真っ黒い中に赤い光が2点と緑の光が1点見えます。どちらも私にはぼんやりした花火のようにばーっと広がって見えます。
「緑の光を見ててくださいね~。途中で見えなくなっても大丈夫ですからね~」という先生の声が聞こえます。
「でははじめますね~」

ぴぴぴぴっと何か目に当たってる感覚がしなくもなくも。。。
それよりも緑の光を見ることに必死です。鼻が広がってたかも。
って思ってたら視界が濃いグレーになって、何も見えなくなってしまいました!!!
先生が「見えなくなっても大丈夫」って言ってた見えない状態ってこの事だったんですね。
どこ見てるのかわからないのですが瞳を動かさない方がいいのかなと思って頑張って耐えてみました。
「もうすぐ終わりますよ~」
というわけで、右目終了です。開眼器を外されてほっとします

次は左目。開眼器痛い。
また「緑の点を見ててくださいね」と言われます。
ところが今度は何も見えないのです。グレーがかったもやで視界が一杯です。
「すみません、自分がどこ見てるかわからないんですけど…」と思わず言ってしまいます。
すると「大丈夫ですよ~。そのままでいてくださいね~」と言われました。

自分がどこを見ているか分からない状態で「そのまま」を維持するのって難しいですね。
よくわかりませんでしたが、わからないなりに必死に保とうと頑張りましたw
いつの間にか赤と緑の光が見えるようになっていました。
「はい、おわりです~」

ベッドから起き上がると、視界が白くもやがかって見えます。もやは薄いので歩くのには困りません。
そのまま別の手術室に移動します。

<つづく>

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーイントラレーシック手術当日 -その4-

いよいよ、レーザーで視力矯正です。
また先生とスタッフさんが数名居ます。やはり丁寧。だ、大丈夫、手術怖くないじょ。。。

Toujitu04ベッドに寝て、肩まで布を被され、麻酔目薬を打たれ、相変わらず痛い開眼器をつけ、機械を頭の上に持ってこられます。
また右目からです。
L字型(?)の器具や柔らかい刷毛で、目の表面をなでられます。フラップをめくっているのだと思います。
良く見えますが、別に怖くないです。それよりそんな見え方した事無いのでとても面白いと思いました。

Toujitu042そしてレーザー照射になります。
輪状に点が薄く光る部分を見ているように言われます。
何かこの輪、やたら見えにくいので探すのにちょっと必死。

レーザーが照射されると焦げる様な妙な臭いがします。
輪は見えなくなりますが目を動かさないように必死。
あと何秒とかスタッフさんが言ってくれるので耐えます。
数十秒で照射終了です。
また刷毛等で瞳をなでられます。面白いです。

左目も同様に施術し、終了です。
ベッドから起きると視界は相変わらずもやがかってます。
が、見えるのです!
裸眼で見えなかった部屋の隅々が見える~~!ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャ
何コレやたら嬉しい!

手術室の後は、薄暗い部屋に通されます。術後少し休む部屋らしいです。
また一人がけソファが並んでいます。このソファ、めっちゃ座り心地良いんです。ふんわり。
部屋にはオルゴール系の音楽が流れていて、いかにも寝てくださいと言わんばかりの部屋です。
髪帽子とゴムを返すと、目薬をさされ、「15分ほど、目を軽く閉じてお休みください。目は開けないでくださいね」と言われます。
はい。眠ってりゃいいのかな。

「でも眠ってしまうと目が乾燥してしまうので、眠らないようにしてくださいね」

(`Д´≡`Д´)??

というわけで、この心地よい部屋で目をつぶらされるのに眠らないように言われたので、頑張って起きていることにします。
私は頭の中で九九を唱えたり、知ってる歌を思い出したりしてすごしました。
寝不足で手術に来なくて良かった。
快眠してから来る方がいいかも。

<つづく>

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーイントラレーシック手術当日 -その5-

15分ほどたった後、呼ばれるので待合ソファが並ぶスペースに移動します。
そこで名前を呼ばれて隅にあるスペースでお医者さんにまた機械(アゴを乗せておでこつけるやつ)で見てもらい、その後スタッフさんに目薬を貰い、術後の説明をされて終了です。
説明では受付して1時間後に手術と言われましたが、そんなに待った記憶はありません。また、手術も1時間ほどと言われましたが、30分ほどで病院の出口にいたと思います。

帰り道は、もらった保護メガネをつけて帰ります。
まだもやがかってるものの遠くまで見えて感激です。
もやのせいで多少見えにくいのですが、嬉しい。これ裸眼。

私は大事をとってタクシーで帰ることにしました。
交通量が多くてタクシーを止めにくかったので、ちょっと歩いてタクシー乗り場から乗りました。
タクシーに乗っている間に麻酔が切れ始めたのか、目がしみてきました。しぱしぱしてまぶたが開きづらい上にしみてしょうがない。
痛み止め目薬をすればいいのでしょうけど、なんとなく、どうしようもなくなるまで我慢してみようと我慢してみました。

タクシーは20分ほどで乗り終わり、家についてまず痛み止めを点眼してみました。
すると、あっという間に痛みが消えました。
。。。さっさと点眼しておけばよかったです。

帰宅後4時間は暇を必死でつぶしました。
簡単でレシピをあまり見なくて良いお菓子を何種類も作って、たまにお茶飲んでぼーっとしてすごしました。お菓子作りすぎて家族に怒られました(´・ω・`)
もちろん、1時間に1回の点眼は忘れません。1~3時間くらいまでたまに目がしみるので痛み止めも使いました。

夜の洗顔はできないので、ふき取り化粧水で目の周り以外をぬぐいました。
体はタオルでぬぐいました。
Toujitu05 寝る時には、無意識に目をこすらないように眼帯をつけます。穴のいくつかあいた涙型の透明なものです。視界は邪魔しません。
一緒にもらったテープで二箇所縦に顔に貼り付けます。
テープは私はかぶれませんでしたが、夜中に暑さで目が覚めた時、眼帯の中が少し蒸してました。季節柄だと思います。蒸し暑いです。。。
これを1週間続けるそうです。

痛みも異物感ももやも夜寝る頃にはほとんどなくなっていました。
何もかも見えるのが嬉しいです。
翌日検診で視力がいくつになっているか楽しみです。

もらったもの↓
200709191025000 200709191028000
保護メガネ(クリア)、眼帯、眼帯を留めるテープ。
目薬基本の3種類+1種類+痛み止め+飲み薬2種類。

<手術当日終わり>

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーイントラレーシックの翌日検診 -その1-

朝起きて眼帯を外すと、視界がとてもクリアになっていました。
すごいクリアです。もやもないし、異物感も痛みもないです。すげえええええ。
感動しつつも忘れずに起床時の目薬はさしました。

今朝も顔を洗えないので、化粧水で目の周り以外をふき取ります。
髪も洗えないので、歯を磨いて髪をといて着替えたら出かける準備完了です。
私は朝起きるのが早い(5時)ので、8時すぎに朝の目薬をさしました。
ちなみに今週の平日は夏休みをとってあります。今日は会社はお休みですが、目覚ましはセットしっぱなしだったのでした。

Yokujitu01 行きは、電車内で、外の景色でぼやけるところが無い事にとても感動しました。

翌日検診は、手術と同じ東芝ビルですが、今度は入り口が違います。
昨日は横断歩道後に右に曲がって角の入り口でしたが、今回は横断歩道後はそのまままっすぐ歩いてビルの中央付近の入り口から入ります。
階数表示に3Fに「銀座アイクリニック」と書かれているので分かります。

銀座アイクリニックは、ここも綺麗で受付の対応も丁寧なのですが、今まで程広くはありませんでした。
ここでは翌日検診、1週間後検診、3ヵ月後検診が受けられます。
翌日検診以外は、他の自分の行きやすい提携クリニックで受けられるそうです。

待合室で座って待っているとすぐ呼ばれます。
まずいつものアゴを乗せて額をつける機械で見てもらい、すぐ視力検査にうつります。
裸眼で下から2番目まで見えるようになっていました。
うわーい(●⌒∇⌒●)

<つづく>

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーイントラレーシックの翌日検診 -その2

奥に通されて待合ベンチでちょっと待たされて、お医者さんに呼ばれ、個室に入ります。
いくつか個室があるので回転は速いです。
個室では先生に術後のフラップの状態を見てもらいます。
私は良好でした。ほっ。
ちなみに術後の視力は両目とも1.5でした。

Yokujitu02 ここでも何か聞きたいことがあるかと聞いてくれるので、「今日より点眼は1日5回で、例には『起床時、朝、昼、夕方、就寝時』となっているが、就寝が遅かったりした場合夕方から大きく開くが問題ないか」とたずねてみました。
「点眼の間隔が異なっても構いません。5回点眼してください。夜遅くなりそうなら夕方の点眼を遅めにしたりして調節していただいて問題ありません」
との事でした。
まあ、あまり無理はしたくないので、この1週間は夏休みだし規則正しく生活してみようと思いました。

また待合ベンチに戻され、今度は術後検診の場所についてスタッフさんに確認されます。
私は有楽町が一番近かったので有楽町のままにしました。
「有楽町は患者様の数が多いので、予約が取りにくい場合もありますがご了承ください」と言われました。が、行きやすいとこないし、いいや。

最後に帰りの受付で、1週間後検診の予約をしました。
来週月曜(祝日)の朝っぱらからにしました。
3ヵ月後以降は、検診日の1ヶ月前から電話予約で予約するそうです。
(1週後間検診の時点では時期が離れすぎてるので予約できないそうです)

帰りは保護メガネをつけなくても良いのですが、風が強かったので何となくつけて帰りました。
点眼の時間も厳密なものでなくて良いとのことでしたので、無印やビックに寄り道して帰りました。

帰りの電車内でも感動しまくって帰りました。
レーシック受けて良かった☆
視力維持するぞ。

今日からパソコンやテレビも、目が疲れない程度なら解禁されました。
パソコンがないとすることが無くて困る人間になってしまっている事を実感しました。。。

<翌日検診終わり>

| コメント (0) | トラックバック (0)

これからレーシック受ける人が知っておくといいかなあと思う事羅列

私が体験したのは品川近視クリニックのスーパーイントラレーシックなので、他の病院や、他の種類のレーシック手術でも当てはまるかはわかりません。
以下、思い出したら随時追加していこうかと思います。

 
【生活する上でちょっと不便だなあと思ったこと】

  • 事前検診日、手術日のそれぞれ1週間前はコンタクト禁止(ハードなら2週間)なので眼鏡必須です。
    眼鏡を持っていなければZoffとかの5000円から作れるような安いところで作るといいのかも。
     
  • 事前検診は瞳孔を開く目薬が効いた状態で帰るので、外がとてもまぶしいのでサングラスがあるといいかも。さらに焦点があわないので歩くの気をつけて。
     
  • 手術後の当日はPC、テレビ、読書、入浴、洗髪、洗顔禁止。
    タオルで体をぬぐったり、目の周り以外を優しく拭いたりならOKだそうです。
    整髪料べたべたにはしないほうがいいかも。
    私は顔はふき取り化粧水をコットンに付けて目の周り以外をぬぐいました。
     
  • 手術直後から4時間、目が乾きやすい状態になっているため睡眠禁止。
    目を使わない暇つぶし方法(簡単なお片づけや、簡単な料理、カフェでボーっとする等)を考えておかないと辛い。
     
  • 手術直後から1~2時間が目がしみるピーク。
    ただ、痛み止め目薬(もらえます)をつけるとすぐおさまります。
     
  • 手術後の当日は、寝るまで1時間毎に3種類の目薬必須。
    1種類ごとに3分以上は間隔をあけなければいけないのが面倒くさい。
     
  • 手術の翌日以降は、当日1時間毎につけた目薬を1日5回(例:起床時、朝、昼、夕方、就寝時)つける。
    もちろん1種類ごとに3分以上間隔必須。面倒くさい。
     
  • 手術後当日から、朝昼晩の3食後に、錠剤と粉薬を服用。
     
  • 手術後の当日~翌日検診まで、外に出る時は保護メガネ(もらえます)をかけなければならない。
    そこまでデザインはダサくはないけど。
     
  • 手術当日から1週間、無意識に目をこすらないように、寝る時に透明な眼帯をテープで顔に貼り付けて寝なければならない。(透明なので視界は確保できます)
    暑い時期だと眼帯内がちょっと蒸れます(*ノノ)キャ
     
  • 手術当日から1週間、洗顔時は目に水が入らないように、まぶたを強くこすらないように注意しなければならない。
    洗顔は何年も毎日の習慣だから無意識にばしゃばしゃやりそうなので、洗顔時&入浴時は常に目を意識してなければならなくてちょっと疲れます。
     
  • 手術後1週間は運動、飲酒禁止。
    お酒は傷がふさがりにくくなるそうです。
     
  • 車の運転は検査や手術の当日は禁止。
    翌日以降は目の回復状態によって無理しないようにしてほしいそうです。

 
【女性の場合知っておいた方が良いかな~と思うこと】

  • 事前検査日は目の周りのメイク禁止だけど眉はいじられないので描いてOK。
     
  • 手術当日は目の周りに化粧水や乳液等禁止。顔へのメイク(日焼け止めも)禁止。
    スッピンでいられない人はちょっと辛いのかなあ。帽子や日傘で紫外線は防げるかな。
     
  • 手術当日は、消毒時に目の周りの眉や頬の近くまで拭かれるので、眉も描けないと思います。メイク禁止だからノーメイクで行ったので、きちんと確認はしてないけど。
     
  • 術後検診時はファンデOK。眉あたりもいじられないので大丈夫だと思います。ただ、アイメイクはもちろんダメ。
     
  • 術後1週間はアイメイク禁止。ファンデや眉等はOK。クレンジング時にうっかり目をこすらないようにすること。
     
  • 手術当日、髪が長い場合は輪ゴム(貸してもらえます)で左耳の下で髪をまとめます。
    自前の髪留めは外すように言われるかもしれない(隣になった人が自前の髪留め外して借りるゴムでまとめ直すように言われてました)ので、簡単に耳の下で一本縛りが出来る状態のヘアスタイルで来た方が良いと思います。

 
【その他】

  • 事前検診予約の確認電話の時点で、手術日の仮予約まで出来ました。
     
  • 支払いは、現金・カード・ローン(20回まで無利子)から選べました。
     
  • 手術でフラップ作成時に急に目が見えなくなりますが、そのまま耐えていれば、フラップが出来たら見えるようになります(視界が白くもやがかってますが)。
     
  • 手術でレーザーを当てるときに光の輪が見えなくなりますが、上記と同じくそのままで無事に終わりました。
    手術直後から、手術室の部屋の隅まで見えて感動しました☆
     
  • 手術後、私は「目、痛くもないし全然しみないじゃん!」って思ったのですけど、病院を出て少しした頃麻酔が切れてすごくしみてきました。
    痛み止め目薬はすぐさせるようにしておいたほうが良いと思います。
     
  • 手術後の帰宅時の付き添いは、居なくても大丈夫ですが、いると安心かも。
     
  • お医者さんやスタッフは、皆さんにこやかで優しくて、安心しました。
     
  • 手術後の翌日検診以外(1週間検診、3ヶ月検診)は、通いやすいところに有る提携医院を選択できました。
     
  • 普通の土日休みの会社員なら、金曜に会社を休んで手術、土曜に翌日検診、日曜はお休み、みたいなスケジュールだと安心かも。
    私は会社に1週間もらった夏休み初日に手術しました。
    PC作業なら術後2日目からできるそうです。力仕事は1週間後くらいだそうです。

| コメント (5) | トラックバック (0)

スーパーイントラレーシックの1週間後検診

2007年9月24日。

朝10時から、術後1週間検診に行ってきました。
また、銀座アイクリニックです。

9時55分ごろついたら、すでに待合室のソファはいっぱいでした┌|゚□゚;|┐ガーン!!
でも中の方のソファまで行かせてもらって座れました。
こんなに混んでたら1時間とか待つのかなと思ったら、回転は早かったです。

すぐ名前を呼ばれ、また目を覗かれる機械をしました。
今回は、目に空気を当てて眼圧をはかる機械もやりました。
手術前検査の時にもやりましたが、ちょっとこれ苦手です。。。

それが終わったら視力検査。それも終われば医師による診察です。
今回も特に問題はなく、経過も良好。ちょっと渇き気味なだけだそうです。
目薬さそう。

目薬も、今日から1日2回になりました。
それぞれの目薬がなくなるまで続けるそうです。
目薬1日5回はもうだいぶ習慣にはなっていましたが、面倒なことには変わりないので減って嬉しい!


気になっていた視力は1.5キープ。
実は2日前、弟にPSPのゲームを借りてしまって、目が疲れない程度にとは思いつつ、休み休みどっぷりはまってしまっていたので、キープできるかどうか不安だったのです。
PCは毎日数時間はやっていますし。
だから視力無事で、これも嬉しい!

手術してから余計に、目が疲れたら休むとか気をつけるようになりました。
目が悪い頃は、どうせ良くもならないしと思って無茶をしがちだったんですよね。。。

診察が終わったら、また奥のパーティションスペースでスタッフさんに紹介制度の説明をされました。
手術受けてない人は紹介制度を使っても1万円割引紹介券しか発行できないのですが、手術を受けた人には1万5千円割引紹介券がもらえるのです。
友達で受けたい人がいたら、こっちの1.5万円割引紹介券あげようっと(〃▽〃)

ここまであっという間に1週間検診は終わりました。
次は3ヵ月後検診で、12月中旬~下旬だそうです。
予約は電話で1ヶ月ほど前から取れるそうです。
また、場所は、銀座アイクリニックは移転して、現在建設中の有楽町マルイの上階になるそうです。
忘れないように予約するぞ。

| コメント (2) | トラックバック (0)

«これからレーシック受ける人が知っておくといいかなあと思う事羅列